■香典の起源
 
香典は香を供えるという意味から転じて、香を買う費用といった意味があります。
後に、多額の葬儀にかかる費用に対する相互扶助として位置づけられ、品物をおくった時代もありましたが、 現在は、金銭香典が一般的です。  
香典の金額は故人との関係や、弔問に訪れる人の年齢、お気持ちなどによって変わってきます。


■仏式の香典の表書き・水引き
 
仏式の葬儀の場合、香典の表書きは、「御霊前」、「御香典」、「御香料」などと書きます。

相手の宗教がわからないときには、「御霊前」と書くのが無難です。

浄土真宗では「御霊前」は使わずに「御仏前」「御香典」を使います。

表書きは薄墨で書くようにします。 水引きより上に表書きをして、水引きの下中央に、自分の名前をフルネームで書きます。
連名の場合は、表に名前を書くのは3名ぐらいまでです。
水引の結び方は、二度とあってほしくないことですので、「結び切り」にします。 
葬儀後の法要や回忌法要のときには「御仏前」「御香料」「御供物料」などを使います。


■神式の香典の表書き・水引き

神式の葬儀の場合、香典の表書きは、「玉串料」「御榊料」「御神饌料」「御神前」などと書きます。
また「御霊前」はどの宗派にも使うことができます。相手の宗教がわからないときは、「御霊前」と書くのが無難です。

また神式の場合は、蓮の花の絵柄の不祝儀袋は使いません。無地や半紙を使用されることが多い様です。

表書きは薄墨で書くようにします。 水引きのあるものは、水引きより上に表書きをして、水引きの下中央に、自分の名前をフルネームで書きます。
「同」などと書き、別紙に全員の名前を書いて中包みの中に入れます。 中包みは、折り返した三角形の部分が下に向くようにします。



■キリスト教式の香典の表書き・水引き
 
香典は日本独特の風習ですので、キリスト教では行われていません。
しかし日本では、仏式にならってキリスト教でも香典を持参することが多いようです。

ただし故人が外国の人である場合は、前もって確認するほうがよいでしょう。
キリスト教では香典の表書きは、「御霊前」「御花料」「御ミサ料」などと書きます。

ただし「御ミサ料」はカトリックの場合だけで、プロテスタントは使いません。
また「御霊前」はどの宗派にも使うことができます。相手の宗派がわからないときは、「御霊前」と書くのが無難です。

表書きは薄墨で書くようにします。
またキリスト教の場合は、蓮の花の絵柄の不祝儀袋は使いません。
水引きより上に表書きをして、水引きの下中央に、自分の名前をフルネームで書きます。


 
■連名での表書き・水引き

連名の場合は、表に名前を書くのは3名ぐらいまでです。
それ以上の場合は、「○○一同」などと書き、別紙に全員の名前を書いて中包みの中にいれます。


 
■寺院・僧侶に対する謝礼の表書き

謝礼の表書きは以下の種類があります。
「御布施」、「御戒名料」、「御経料」、「御回向料」、「御膳料」、「御車代」
「御席料」、「御法名料」、「御法号料」、「御供養料」、「卒塔婆料」、「撥遺御礼」
「御移従御礼」、「開眼供養御礼」、「御本尊前」、「御宝前」、「石塔建立御礼」、「開扉供養御礼」 等